ファイブワン

昔、昔、いわゆる一昔前、東京都田無市に「ファイブワン」という年頃の男女を中心としたスポーツサークルが生まれました。

活動が始まってから37年(2013年現在)が経ち、気が付いたら青年は老年になっていました。 37年というのは長い月日なのですね。 いつの間にか、田無市は隣の保谷市といっしょになって西東京市となり、 田無という名前も懐かしいものになってしまいました。

ファイブワンの出だしは、青年教室というスポーツを中心とした田無市主催の事業で、 まじめなスポーツ教室でした。でも、若い男と女が集まれば、男女の交際が芽生えます。 37年前も、結婚適齢期の男女の出会いは少なく、いまでいう婚活サークルに近いかもしれません。 しかし、1部のメンバーを除き、純粋にスポーツを楽しんでいて、経験したことのないスポーツに挑戦するメンバーが楽しく活動していました。 体育館 参加していたメンバーは、地元で生まれ育ったメンバーも少なくないのですが、地方から 田無の企業に就職していたメンバーが少なくありませんでした。日本国中から集まっていました。 野球やバレーボールの市の大会に参加したり、ゴルフやテニスの合宿や海に行ったり山登りを楽しんだりと、 リーダーを中心として、集団で楽しんだ時代でした。

2013年11月結成37周年ファイブワン忘年会

ファイブワン結成30周年(だいぶ経過しましたが)のイベントを企画したのですが、 なかなか実現せず、月日は流れ、とにかく集まるだけでも、ということで、 2013年11月某日、田無で忘年会を開催することができました。 なんと、石川県、兵庫県、福島県、茨城県からも31名が集まって、昔話に花を咲かせました。